お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

TikToker必見!ピンポイントな動画でバズを狙おう!

TikTok バズ

みなさんこんにちは!

今回はTikTokでより高確率でバズるための方法を伝授していきます!

突然ですが、みなさんはTikTokライフを楽しんでいますか?

様々なジャンルの動画を気軽に楽しめるのはとても良いですよね!

TikTokerの皆さんも日常的に動画を投稿されている方も多いと思います。

ですが、再生数やいいねの数が稼げる、いわゆる『バズる動画』って作るのが難しいですよね。

そこで今回はTIkTokで動画をよりバズらせる方法を徹底解説していきます!

ぜひ最後まで読んでみてください!

動画が伸び悩んでいるTikTokerは必見です!

TikTokでは「おすすめ」がバズる!

TikTokでは現在、様々なジャンルの動画がアップされていて、その中の一部の動画が注目を浴びています。

基本的にそういった動画の多くは「おすすめ」に乗ることがとても多いです。

実はTikTokなどの動画投稿サービスにおいて、そんなバズる動画を作る法則やトレンド(流行)があるのを知っていますか?

今回はそんなTikTokでバズる動画の法則や、よりおすすめに乗りやすくするためのテクニックを紹介していきます!

「おすすめ」について知ろう!

まずはおすすめについて知らないと、動画の狙いが定まりません。

そもそもおすすめとは、TikTokの中でも特に活発なフィードで、多くのユーザーが時間を使う機能です。

なぜかというと、TikTokを開いて一番最初に表示される「おすすめ」フィードには、そのユーザーの興味に合わせて選別されたジャンルの動画表示されるためです!

そしてそのおすすめは、『レコメンドシステム』というものによって、ユーザー一人一人の好みに合わせてカスタマイズされています。

YouTubeの広告や、Amazonのおすすめ商品などにもこのレコメンドシステムが使われていますね!

そしてTikTokのレコメンドシステムは、主に以下3つの情報からユーザー個人の興味をランキング形式で決定し、おすすめフィードを作っています。

  • ユーザーインタラクション:動画の「いいね」や「シェア」、アカウントのフォロー、コメント投稿、自信が投稿したコンテンツなど
  • 動画の情報:キャプション、サウンド、ハッシュタグの種類など
  • デバイスとアカウントの設定:言語や国の設定、デバイスの種類など(これらの要素からはユーザーの嗜好は判別するのが難しいため、レコメンドシステム上では重要度は低くい)

 

このようにして、TikTokではユーザーの興味をランキングとして算出し、それに合わせておすすめに動画が載せられます。

つまりより多くのユーザーのおすすめに載ることができれば、より不特定多数の人の目に触れられ、興味を持ってもらい、バズりやすくなるということです!

これを知っていると、以降紹介するテクニックがよりわかりやすくなるはずです!

おすすめに載るためには?

では具体的にどのようにすれば、おすすめに載ることができるのでしょうか?

先ほども紹介した通り、おすすめはレコメンドシステムによって構成されます。

このレコメンドシステムに選ばれるには、単純ないいねの数の他に、動画を投稿してからどのぐらいの勢いでいいねがついているかも関係しているようです。

そのためフォロワーが元々多いTikTokや、他のプラットフォームにて知名度が高いインフルエンサーなどはその分有利というわけです。

しかし元の知名度が全てというわけでもありません。

初心者やフォロワーが少ないTikTokerの皆さんは、まず多くのユーザーに目を向けてもらえるように話題性のある動画や、トレンドに乗ったジャンルのコンテンツをあげてみると良いかもしれません!

レコメンドシステムはそのユーザーの趣味趣向とともに、ユーザー全体で視聴傾向が高まりやすい動画を選ぶことも多いようです。

なので現在流行っている音源やそれに合わせたダンス、料理や動物などの中から自分にあったジャンルのものを選び、そこから動画作りをしてみても良いでしょう!

流行と自分の「得意」を掛け合わせてみましょう!

「ハッシュタグ」は賢く使おう!

さて、「動画が完成して投稿したは良いけど、なかなかいいねがつかない…」なんてこと、経験したことのある方も多いのではないでしょうか?

動画の内容も面白く、番人受けするはずなのになぜでしょうか?

その場合の多くは、ハッシュタグを使っていない、もしくは上手い使い方ができていないためかもしれません!

ハッシュタグとはその動画のジャンルを決定するものです。

これをうまく使うことで、自分の動画をみたいユーザーに見てもらうことができます。

また細かいハッシュタグの付け方をすれば、他の動画と差別化を図ることもできるまず。

リスナー側としてTIkTokを使う方はよく活用しているかもしれませんが、ユーザーの多くはハッシュタグ検索を頻繁に利用しています。

なのでハッシュタグ付けを逃す手はないでしょう!

上手なハッシュタグをつけるコツとしては、余計なものはつけすぎないことと、流行りやトレンドに乗ったものを選ぶことです!

情報の密度をあげよう!

先ほど紹介したレコメンドシステムの中には、「ユーザーインタラクション」という項目があります。

これは視聴者が動画に対してどのくらい興味を示しているのかという指標です。

その中にはいいねや試聴時間などが含まれます。

中でもこの視聴時間を増やすことで、ユーザーインタラクションにより強い影響をもたらすことができます。

そこで視聴時間・回数をより増やすために紹介するのが「動画の情報量を増やす」ことです!

結論から言うと、動画の情報量が多ければ、視聴する側はその情報を理解するために何度もループして観る必要が出てきます。

こうすることで試聴回数が増やせますし、動画の内容にも興味を持ってもらいやすくなります。

しかしこれはやりすぎも注意で、あまりにも内容が難しかったり、無駄に長ったるくなってしまうと、視聴者は途中で興味をなくし視聴をやめてしまいます。

そのため情報量の塩梅を考え、視聴し続けたくなるようなテクニック(話し方や動画の演出など)を工夫する必要があると言うことです!

投稿時間はバズりやすさに影響!

駆け出しTikTokerの皆さんは「動画投稿時間」を気にしたことはありますか?

「動画の内容は一緒だし、いつアップしても一緒でしょう!」と思う方もいると思います。

しかしこれは大ハズレです!

TikTokでバズリやすくするためには、アクティブユーザー(アプリをその瞬間に使用しているユーザー)が多い時間帯に投稿する必要があります

なぜかというと、アプリを使っているユーザーが少ない時間にアップされて仮におすすめに乗ったとしても、観てもらえるユーザーの分母は少ないままで、

いざアクティブユーザーが増える時間帯に差し掛かった頃には、すでにおすすめから外れてしまうことが考えられるからです。

ではアクティブユーザーの多さはいつピークを迎えるのでしょうか?

基本的には以下の時間が狙い目とされています。

  • 7時〜9時 (朝の通勤・通学時間)
  • 18時〜21時 (会社や学校からの帰宅途中・帰宅後)

 

また曜日を考えると、順に週末(学生や社会人は休みの場合が多い)、金曜(翌日が週末)、月・木曜(終日の代わりに休みの場合が多い)、水曜(週の真ん中でみんな忙しい)

といったようにアクティブユーザーの多さは変動します。

これに狙いを合わせて動画を投稿することで、より多くのユーザーの目に止まる確率を底上げすることができます!

またそんなに難しいことでもないので、一工夫として是非活用してみてください!

忙しい方は、自身のあるのある動画をストックしておき、上記の時間や曜日に合わせて投稿するのが無駄がないと思います!

TikTokのバズり方 まとめ

今回はTikTokでバズる方法を紹介してきました!

TikTokのおすすめ機能は、しっかりとしようを理解して、それに則った対策と運用をすれば、バズることも夢ではありません!

今回紹介した知識とテクニックで、有名TikTokを目指しましょう!

 

 

 

 

 

 

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました