お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

実は最適解?!ライバーデビューで歌手を目指そう!

みなさんこんにちは!

今回はライブ配信アプリを通じた歌手デビューについて徹底解説していきます!

これまでは厳しいオーディションをくぐり抜けて事務所に入り、そこからボイストレーニングなどを経て歌手デビューをしたり、路上で自分の歌声を披露することで歌手としてのアピールを行うなど、とても地道で根気と精神力のいるのが歌手デビューでした。

しかし昨今ではSNSやライブ配信の台頭により、自己発信型アーティストというものが増えてきており、比較的簡単かつ不特定多数の人に効率よく自分の歌が届く世の中になってきています。

今回はそんなライブ配信を通じた自己発信で歌手デビューを果たすために知っておくべき情報を余すとこなく紹介していきます!

歌に自信はあるけど、なるべく早くデビューを遂げたいと考えている歌手の卵のみなさんは特に必見のないようになっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

自己発信型アーティストとは?

近年では動画サイトやライブ配信を通じた放送を通じた自己的な音楽の発信により、歌手としての知名度を獲得する人が急増してきています。

これは国内に限った話ではなく、世界的にみても言えることで、逆に国内から世界的なアーティストになる方も少なくはないようです!

そんなSNSやライブ配信を通じた自己プロモーションを行うアーティストを、最近では『自己発信型アーティスト』と呼びます。

自己発信してブレイクするアーティストはそのデビューのきっかけは様々ですが、趣味で歌をライブ配信などで歌たり、録音したものを動画投稿サイトにアップし、それがバズったりレコード会社の人の目に止まったりすることでデビューが決まる事例が多いようです。

そのためSNSやインターネットーの拡散力を使うことで、これまでのハードルの高いアーティストデビューというものの難易度がグッと下がった形になります!

ではライブ配信やSNSを使った自己発信はなぜデビューにつながりやすいのでしょうか?

自己発信型アーティストがデビューしやすい理由

SNSやライブ配信をよく視聴する方ならご存知かもしれませんが、最近ではそれらのメディアで活動を始めるアーティストが多いです。

例えば歌が上手だなと思ってフォローしていた人が、いつの間にかアルバムを作ってデビューしていたという経験をした方もいるのではないでしょうか?

実際、音楽業界ではインターネットを通じたアーティストデビューは比較的ハドルが低いと言われています。

その理由は主に2つあります!

デビュー後の想像がしやすい!

一つは「デビューした後の知名度の予想がつけやすい」ということです。

これはレコード会社や芸能プロダクション視点の考えですが、従来のオーディション形式の人材発掘や、路上でのスカウトは知名度が限りなくゼロの新人を見つけ、その人が伸びるかどうかの目測を立ててスカウト・育成します。

そのためある程度の想像はできるかもしれませんが、もちろん売れない可能性も大いにあるため、ある種の博打に近いスカウト方法でした。

しかしSNS・ライブ配信からアーティストを発掘する方法であれば、あらかじめフォロワー数や配信の盛り上がり、動画の再生数などを見てその時の人気を把握することができます。

これにより、しっかりとアーティストデビューをしてからも、ライバー時代のファンは引き続き応援してれる可能性が高いですし、アーティスト本人もそこからさらにファンを増やすポテンシャルがある事が担保されます。

そのためスカウトする会社側も、ブレイクしないリスクを限りなく下げて人材発掘を行う事ができるため、デビューがしやすいという仕組みになています!

自信が広告塔になる!

やはり自信がSNS・ライブ配信で知名度を獲得していると、そこからデビューまで、そしてデビュー後も自信が広告として高い能力を発揮します!

というのも、フォロワー数や再生回数が高ければ、それだけ自分が注目を集めているという指標になります。

そのためアピールや宣伝はほぼ100%リスナーや、そこから派生した不特定多数の様々な人に届きます。

そのため効率よくセルフプロモーションを行っていけるという事です!

またこれは、スカウトするレーコード会社・芸能事務所としてもとても嬉しい話です。

芸能事務所やレコード会社は、自社で抱えるアーティストを世の中に宣伝するために、莫大な費用を広告費に使います。

それでも売れない人や、プチブレイクで終わってしまうアーティストがほとんどで、継続的に売れていくアーティストはほんのひと握りです。

そこで自己発信型アーティストをスカウトして抱えることで、アーティスト自信がSNSやライブ配信で広告等の役目を果たすので、結果的に広告費に当てている費用を大幅削減できるという仕組みです!

また知名度ゼロからのアーティストデビューを違い、スタートの時点でファンがついている自己発信型アーティストは、その宣伝がファンに届きやすいという強みもあるため、デビューしやすいのです!

若い世代に拡散されやすい!

やはり自己発信型の一番の強みは、その「拡散力の強さ」でしょう。

SNSやライブ配信アプリなど、ネットを介して自身の音楽や歌声を披露することで、路上ライブなどとは比較にならないほど多くの人に聞いてもらう事ができます!

また一度同行したり、配信を行うと、そこからクチコミやシェアなどを通じてより多くの人に拡散され、自分一人では手の届かなかったところにまで自分の歌声を届ける事がでk流のです。

そしてネットを介した歌の拡散のもう一つの利点としては、若い世代に聞いてもらいやすいという事です。

SNSやライブ配信を利用するユーザーの多くは、10〜20代のいわゆるZ世代と呼ばれる若い世代です。

そのため若者受けを狙っている歌手希望の方は、特にネットを通じた拡散の恩恵が得られるはずです!

またそうでなくとも、若い世代を中心に注目を集める事ができれば、そこからテレビやラジオ、そして新聞などに取り上げられ、最終的に全ての世代に満遍なく自分のことを知ってもらう事ができます!

 

ネットを通じた自己発信のはじめ方

このように、アーティスト志望の方がSNSやライブ配信を通じた自己発信ができるようになったことで、一昔前までは辛く険しい狭き門と言われていたアーティストデビューも、様々な人に機会が与えられる時代になりました。

しかし、SNS・ライブ配信アプリでアーティストとしての自己発信をしていきたいけど、どのように始めたら良いかわからない方も多くいると思います。

実際、発信の仕方はその人の音楽性や方向性によるので、「これが間違いない!」というものは存在しません。

そのためここからは、ネットを通じたアーティストデビューをする上で、まず初めにやっておくと損がないことを紹介していきます!

YouTubeとSNSで活動しよう!

まずはユーザー数が圧倒的に多い動画投稿サイトで『YouTube』での動画投稿を始めると良いでしょう!

YouTubeでの動画投稿のメリットとしては、ライブ配信などと違い、あらかじめ収録した自身の歌声を動画ファイルとしてアップロードできる点です。

そのため自分が納得できるまで撮り直しをして、一番気に入ったものを投稿して様々な人に自分のその時のベストを聞いてもらえます。

またYouTubeはどのシステム上、再生回数が増えれば触れるほど、他のユーザーの関連動画やおすすめ欄に上がりやすくなるため、労力に対するコストパフォーマンスもとても高いです!

さらに冒頭でも少し触れましたが、ユーザー数が圧倒的に多いため、より多くの人の目に触れられる可能性が高いのも魅力です。

またそれに付随して、レコ度会社の担当者なども、新人発掘のためにYouTubeを利用する事が多いため、自分の実力が確かなもので、かつ運が良ければすぐにデビューも夢じゃありません!

またYouTubeでファンが増えてキアラ、次はInstagramやTwitterなどのアカウントを作り、そこでファンへの情報発信や交流をすることで、ファンとの関係も寄り良好になります!

またTikTokなどの音楽系SNSは、曲を音源としてダンスをする動画がバズりやすい傾向にあるため、自分の歌唱動画をアップしてみるとバズる可能性も大いにあります!

ライブ配信を始めよう!

さて、YouTubeやSNSである程度ファンがついたら、次はライブ配信を始めてみましょう!

ライブ配信はYouTubeやSNSと違い、自分の歌声が生配信されます。

やはり撮り直しのきくYouTubeとは違い、一回勝負となるため、緊張しますし、失敗することもありますが、失敗は誰でも通る道なので、あまり心配することはありません。

ライブ配信での歌唱も次第に慣れてくるはずですし、余裕が出て来ればリスナーとの交流の機会も増え、そこからさらにファンが増えてくるはずです!

またリスナーのリクエストに答えていく中で、自分がこれまで触れてこなかった歌のジャンルに意外にも目覚めるかもしれません!

またアプリによっては顔出しをしなくても配信ができるもラジオ配信特化のものや、投げ銭を受け取って収益化できるものなど様々なライブ配信アプリがあります。

そのため自分のペースやスタイルに合わせてアプリが選べるのも大きな強みです!

生ライブをしよう!

最後はファンの皆さんの前での生パフォーマンスです!

生パフォーマンスは、実際に観客を前にして歌を歌うことです。

一見大掛かりに聞こえるかもしれませんが、ここまでの道のりでファンを獲得できていれば、意外とハードルは高くないんです!

生パフォーマンスをするには機材をそれたり、場所を借りたりと特にお金がかかるイメージです。

もしこれをファンが少ない状態でやったとしたら、チケット代をとったとしても採算が合わない事がほとんどだと思います。

しかしYouTubeやライブ配信でファンを獲得できていれば、話は変わってきます!

SNSやYouTubeなどでファンがいるのであれば、ある程度どのくらいのファンが来てくれるのかが予想できますし、何より自分が生ライブをやることを宣伝できるのもとても大きなメリットです!

またCDやグッズを作って物販をライブの最後に行えば、十分プラスで終わる事ができるでしょう!

そして上記二つ同様に、レコード会社の人に足を運んでもらう事ができれば、自分の生歌を聴いてもらい、デビューにさらにグッと近づけるかもしれません!

そのためある程度の知名度が確保できていれば、生ライブも大きなプラスを生み出す事ができるのです!

ライバーから歌手デビュー まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はSNSやライブ配信を通じて歌手デビューをするk十のメリットや、その方法を伝授してきました。

ネットによる情報社会である今だからこそ、その拡散力を使って埋もれてしまわないように、自分のアーティストとしての才能を世界にアピールできるようになりました。

アーティストデビューに興味はあるけど、敷居が高く感じている方は、まずはライバーから始めてみてはいかがでしょうか?

 

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました