お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

TikTokLIVEはワールドワイド?世界を相手に活躍したいライバー向け!

tkktokliveワールドワイドなアプリ?世界を相手に活躍したいライバー向け!

みなさんこんにちは!

今や世界中にユーザーがいるTikTok。

そんなTikTokのライブ配信機能「TikTok LIVE」も多くの人が利用しています。

TikTok LIVEは他のライブ配信サービスと比較して、圧倒的にワールドワイド!

もともとTikTokが世界中で利用されているというのが大きな要因です。

つまり、TikTok LIVEでライブ配信をすれば、世界中からファンを獲得できるチャンスがあるということです。

すでに世界を相手に活躍している人も多いですよ!

ライバーとしてワールドワイドに活動していきたいという目標を持っている人は、TikTok LIVEでライブ配信をしましょう!

今回は、TikTok LIVEで活動するために必要となる基本的な情報や、ユーザー層について解説していきます。

ライバーとして成功するためには、ユーザー層を知っておくことは必須です。

ぜひこの記事を参考にして、トップライバーを目指しましょう!

ぜひ最後までご覧ください!

TikTok LIVEの概要

tiktokロゴ

まず、TikTok LIVEとはどのようなものなのかについて簡単に説明します。

TikTok LIVEとは、TikTokが2020年に追加したライブ配信機能です。

TikTokといえば、動画の投稿時にさまざまなフィルターをつけることができるのが魅力ですが、ライブ配信でも同じように加工することができます。

他にもライブ配信をできるサービスはたくさんありますが、豊富なフィルターを利用できる点でTikTok LIVEが人気を集めているようです。

TikTok LIVEでライブ配信をするには、一定の条件をクリアしなければいけません。

その条件とは、

  • 16歳以上のユーザーであること
  • TikTokが定めた基準(非公開)を満たすこと

となっています。

「TikTokが定めた基準」というのは非公開となっているので、どうすればライブ配信ができるのか定かではありません。

ですが、フォロワー数コンテンツの質が判断基準となっているようです。

TikTok LIVEを利用したいなら、質の高いコンテンツを発信してフォロワーを獲得していきましょう。

TikTok LIVEはワールドワイドに活躍できるアプリ

TikTok LIVEは、日本国内にとどまらず様々な国や地域で活躍できるプラットフォームです。

「世界を相手に活躍したい!」と考えているライバーには、TikTok LIVEはもっともおすすめできるアプリです!

もちろん、TikTok LIVE以外にもライブ配信をできるサービスはたくさんありますが、その多くがユーザの出身地域に偏りがあります。

ほとんどが日本国内のユーザーだったり、アジア圏に限られていたりします。

しかし、TikTok LIVEの場合は、世界中にユーザーがいるため、世界中の人に自分のライブ配信を見てもらうことができるんです!

TikTokを利用している人の中には、海外のTikTokerの投稿をよく見ている方も多いのではないでしょうか?

反対に、海外のユーザーがあなたのTikTok LIVEも視聴する可能性があるということです。

それだけ、あなたのライブ配信も海外の人に見てもらえるチャンスがあるということです。

TikTok LIVEでワールドワイドに活躍できるライバーを目指してはどうでしょうか?

日本の視聴者だけでなく、世界中の視聴者から応援してもらえるのは、ライバーとしのモチベーションにもつながります。

もちろん、幅広い視聴者を獲得することができれば、高収益も期待できますよね!

TikTokが利用されている国は150以上!

TikTokは、もともと2016年に中国でリリースされた「抖音」というプラットフォームの国際版です。

2017年には、中国本土以外のほとんど国で利用可能になりました。

2018年になると、世界150か国以上、75の言語で利用されるに至りました!

2020年には、ユーザー数6億9000万人を突破しました。

また、現在では海外企業とTikTokがコラボするケースも当たり前になり、世界的にも信頼度の高いSNSとなっています。

ここからは、特に多くのユーザー数がいる「TikTok大国」の状況を紹介していきます。

TikTokの現状①中国

まずは、TikTok発祥の国・中国の状況を見てみましょう。

中国のTikTokユーザーは、約4億人と言われており、世界のTikTokユーザーの約2/3弱は中国のユーザーということになります。

中国でTikTokは、抖音(ドゥイン)と呼ばれており、位置情報を共有できたり、独自の決済サービスを備えていたりと、他国のTikTokにはない機能も備わっています。

他国と同様に、中国でもTikTokはマーケティングツールとしても高い評価を受けています。

TikTokの現状②日本

次に、我が国日本の状況を見てみましょう。

TikTokは、短い動画を共有して楽しむ形式となっており、10代、20代前半の若者を中心に支持されているサービスです。

日本では、TikTokの総ユーザー数は公表されていません。

ただし、2018年にはユーザー数約950万人という調査結果が出ており、2022年現在ではさらユーザー数が伸びていることが容易に予想できます。

企業がTikTokを活用するケースも増加しており、製品を紹介する動画が掲載されることもしばしば見受けられるようになりました。

TikTokの現状③アメリカ

次に、IT大国・アメリカです。

アメリカでのTikTokユーザー数は、約5000万人と言われています。

アメリカの人口が3.295億なのを考えると、他の国と比べてユーザー数が多いとは言えません。

その背景としては、アメリカではFacebookやInstagramなどのSNSが主要になっているということが挙げられます。

ただし、TikTokのユーザー数も短期間のうちに急激に伸びている状況があります。

過去には政治的な理由から、政府がアメリカ国内でのTikTokの利用を禁止する案もありました。

ですが、現在では多くのユーザーを獲得しており、企業のマーケティング活動でも利用されています

TikTokの現状④インド

次に、インドのTikTok利用状況を見てみましょう。

インドでは、ユーザー数1億2000人を記録したことがあります。

人口も多いので、それに比例して多くのユーザー数を獲得していました。

しかし、現在では政治的な理由により、インド国内での利用は禁止されています。

TikTokは世界中にユーザーがいるものの、インドのように国際政治情勢の影響で利用できない国もあります。

そのため、企業がTikTokを活用する場合は、マーケティング対象の国はTikTok利用可能なのかどうかを確認する必要がありますね。

TikTokユーザーの男女比は約半々!

TikTokでライバーとして活動するなら、ユーザーの男女比も確認しおきたいところです。

性別によって、どんなコンテンツに食いつくのかが全く異なるからです。

日本国内におけるTikTokユーザーの男女比率は、以下の通りです。

  • 男性:約55%
  • 女性:約45%

このデータを見ると、男性のユーザー数の方がやや多いことが分かります。

ですが、おおまかに見ると男女比は半々と言えます。

他のライブ配信サービスでは、ユーザーの性別に偏りがあることがほとんどです。

TikTokではユーザーの男女比が半々に近いので、男女バランスよくファンを獲得することができます!

一方で、アメリカのTikTokユーザーの男女比は、以下のようになっています。

  • 男性:約40%
  • 女性:約60%

アメリカでは女性のユーザーが多いようですね。

ワールドワイドにTikTokでライバーとして活動したいなら、この数字は意識しておくべきでしょう。

ユーザー層のバランスが良いですね!

TikTokユーザーの年齢層は20~30代が多い!

では次に、TikTokユーザーの年齢層を見てみましょう。

TikTokといえば10代の若者が使っているイメージがありますが、意外にも20代、30代のユーザーが多いようです。

  • 10代:16.9%
  • 20代:22.3%
  • 30代:22.8%
  • 40代:24.3%
  • 50代:13.7%

そして意外にも、40代のユーザーが多いということがわかります。この理由として考えられるのは、TikTokが企業のマーケティングとして活用されるケースが増加しているということです。

TikTokのユーザー数が増加し、幅広い年代に利用されるようになり、ビジネス活用するユーザーも増えているということでしょう。

一方で、アメリカでのユーザーの年齢層は以下のようになっています。

  • 10代:31.1%
  • 20代:27.4%
  • 30代:17.9%
  • 40代:16.3%
  • 50代:6.8%

アメリカの場合は、10代のユーザーの割合が高く、年齢が上がるにつれてユーザー数の割合が減っていきます。

この理由として考えられるのは、アメリカの場合は日本と異なり、企業がビジネス目的で利用するケースが少ない可能性です。

アメリカでは若者が娯楽として動画の投稿や視聴を楽しんでいるということでしょう。

TikTok LIVEの便利な機能について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください!

TikTok LIVEできることとは?知っておくべき便利な機能を紹介!

TikTokユーザー数は増加傾向

次に、TikTokユーザー数の増減の傾向を見てみましょう。

日本のTikTokユーザー数は、新型コロナウイルス流行の影響を受けてか、一時的に減少傾向を示しました。ですが現在では、ユーザー数を回復しています。

今後も大きな情勢の変化がなければ、ユーザー数も少しずつ増加していくと思われます。

一方、アメリカではTikTokユーザー数が急増しているんです。

2020年8月のユーザー数は、2020年7月のユーザー数と比較して4倍以上増加していることがわかっています。

TikTokでライバーとして活動していきたいなら、アメリカの視聴者の獲得も視野に入れた方がいいでしょう。

ワールドワイドに活動していきたいというライバーには、TikTokが最適ということですね!

TikTok LIVEはワールドワイド

今回は、TikTok LIVEのユーザーについて紹介してきました。参考になったでしょうか?

TikTok LIVEは他のライブ配信アプリと比べて、圧倒的に多くの国や地域で利用されています。

その数、世界150カ国、75言語。

現在もユーザー数は増加傾向にあり、これからも増え続けると予想されます。

ライバーとしてワールドワイドに活躍したい!と考えている方には、最適のアプリと言えます!

せっかくトップライバーを目指すなら、世界を舞台に活躍できる人になりたいですよね。

さっそくTikTokでのライブ配信をはじめましょう!

TikTok LIVEで稼ぐために必要な情報は、こちらの記事で紹介しています!

TikTok LIVEは稼げるの?還元率や現金に換金する方法を解説!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました