お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

17LIVEのエールとは?使い方や注意点を徹底解説!

みなさん、こんにちは!

ライブ配信楽しんでいますか?

今回は17LIVEのエール機能についてご紹介します!

皆さんはこの『エール機能』をしっかりと使いこなせていますか?

エール機能をうまく使えば、自分の推しライバーへアピールをし、認知してもらえる可能性がグッと高まります!

大変有用な機能なのですが、多くのユーザーがギフト機能と混同してしまっていたり、スコア関連の認識が間違っていたりします。

今回はそんな『エール』のお基本的なことから、意外と知らなかったことまで、徹底解剖していきます!

このエール機能は、17LIVEを始めたばかりの新人ライバーさんだけでなく、すでに配信しているベテランライバーさんにとっても重要な機能となります。

ぜひ最後までご覧いただいて、エールについてしっかり勉強していきましょう!

17LIVE(17LIVE)エール機能とは?

 

エールってそもそも何?
どうすれば送れるの?
エールを送るとどんなメリットがあるの?

 

ライブ配信ナビの動画でも解説しています!

17LIVE(17LIVE)にエールという機能が2019年12月16日のアップデートにより追加されました。

ライブ配信でよくライバーさんがエールくださいと言っているのを聞いたことがありませんか?

ライバーは、エールをもらうことでスコアの初期値を上げることができます!

リスナーは、エールを無料で送ることができ、最大7回まで送ることが可能です。

好きなライバーさんのライブ配信をたくさん視聴すると、エールを送ることができ、ライバーさんに貢献することができるんです。

スコア上げに苦労しているライバーさんにとっては非常に良い機能ですね!

エールはライバーさんもとっても喜んでくれる機能なんです。

17LIVE(17LIVE)エール機能の説明

エールって送った後どのくらいで送れるようになる?
フルエールって何?
送れる人数に制限ってあるの?

 

5分間配信を見るとライバーに無料でエールが送れる

エールは1回目を除き、5分間配信を視聴することで再度送ることが可能です!

エール一回目は配信ルームに行ってすぐに送ることができます。

2回目からは、5分間視聴しないと送れないようになっています。

同じライバーにつき1日最大7個

同じライバーさんに送れるギフトは1日最大7個までとなります。

1日の最大の7個目すべてのエールを送ることや、7個目のエールのことをフルエーと呼びます。

通常のエールは1エール分の価値ですが、フルエールは10エール分の価値があります!

エールの種類は?

エールはとってもかわいいお菓子のマークです!

7つ種類があり、1~6つまでは【1エール】、7つ目は【10エール】となっています。

送れるライバーさんの数に制限なし

同じライバーさんに対しての最大エール数は1日に最大7個と決まっておりますが、

1日の最大個数が7個ということはなく、他のライバーさんであれば同様に最大7個送ることができます!

ですので、応援するライバーさんが複数いる方は、それぞれフルエールすることが可能です!

送れる回数は0時にリセットされる

最大数の7個を送っていたとしても、日付の変更のタイミングでリセットされます!

ですので、毎日フルエール送ることが可能です!

ライバーはエールを集めるとランクが上昇

ランクは0~4の5段階となります。

ランク エール数 配信開始時のスコア
0 0~999個 0
1 1,000~2,999個 4,000
2 3,000~9,999個 12,000
3 10,000~199,999個 40,000
4 200,000個以上 70,000

 

このランクに応じて、配信開始時のスコアが決まるので、ランクを上げられるようにしましょう!

スコアが上がれば、注目欄に表示されるので、よりたくさんのリスナーを呼び込むことができます!

例えば、エールを3000個~9999個集めてランク2になった場合、次回の配信開始時のランクも2でスタートとなります。

ランクは毎月1日にリセットされる

毎月リセットされるため、月の初めはエール集めに力を入れましょう!

月末にランクアップして配信開始時のスコアボーナスが上がった場合、せっかく集めたエールが翌月にはリセットされてしまいます。

なので、月の初めに集中してエールを集めて、なるべく早くスコア獲得することが望ましいです!

配信ルームで「エール集めてます」とか「エールお願いします」と書き込んでアピールしましょう。

エールは無料なので、リスナーさんは結構送ってくれますよ。

エールをもらったら感謝の気持ちはしっかり伝えてくださいね!

そうすることで、2個目以降のエールも続けて送ってくれる可能性がアップします!

また、エールだけでなく、フォローしてくれたり、ギフトを贈ってくれることもありますよ。

https://twitter.com/THESuger2/status/1244970724990697472

 

17LIVEエールの送り方

 

どのボタンでエールを送ればいいの?
2個以降のエールはどこを見れば分かるの?

 

エールの送り方はとっても簡単です!

▼ライブ配信枠で、画面右下にあるピンクのクマさんをタップすると、エールを送ることが出来ます。

▼エールを送ると、【+1EXP】と出ますが、これはもらえる経験値です。

▼エールを送付した後には、エールのボタンの周りのゲージがたまっていき、5分経つとまたエールが送れます!

▼残り時間を知りたい場合は、エールのボタンをタップします。

残り時間と何個目のエールかを確認することができます。

1人のライバーに送れる個数は最大7個までで、その日に送れる最後のエールを送ると、「本日分のエールをすべて贈りました」とメッセージがでます!

17LIVEエールの注意点

エールのルールを確認しましたが、特に注意していただきたい

ギフトにカウントされない

勘違いしている方が非常に多いのですが、エールはギフトではありません!

エールはギフトではないので、ギフトポイントはカウントされません。

エールを送ったリスナーは、送ったエール数と同じ分経験値がアップします!

エールはリスナーにもメリットがあるので、フルエール送るようにしましょう。

ちなみに、通常ギフトの場合は送ったポイントの3倍の経験値がもらえます。

経験値を早くアップしたい方はギフトも贈ったほうがいいですね!

一定数以上集めないとスコアは上がらない

エールは一定数以上集めないと、スコアは上がりません!

先ほど、ランクは1~4まであるとご紹介しましたが、ランク1になるためにはエールを1000個集める必要があります。

999個以下だとランクは0なので、まずは1000個エールを集めることを目標にしてみましょう。

配信から出てしまうと、5分のカウントがリセットされる

次のエールを送るまで5分必要ですが、カウント中にライブ配信から退室してしまうと、カウントがリセットされるのでご注意ください!

5分待つのって意外と長いので、うっかり配信枠から出てしまわないようにしましょう!

ライブ配信は画面をスクロールすると別の配信枠に行ってしまうので気をつけてくださいね!

17LIVEエールを送ってみよう!

以上、エールについて解説しました!

エールはライバーはもちろん、リスナーにもメリットのある機能です。

ライバーはスコアボーナスの獲得や、フォローやギフティングにもつなげることができます。

フルエールを送るには、配信を30分視聴する必要があるので、リスナーを長時間配信枠に止めておくこともできます!

また、リスナーにとっても、経験値UPやライバーとのコミュニケーションをとることができます!

エールは、ギフトとは違う形でのライバーの応援になりますし、無料なのでぜひ送ってみましょう!

特にフルエールでの応援がオススメです!

みなさんも好きなライバーさんにエールを送って、応援してみてくださいね!

 

最後にライブ配信ナビでは、17をより快適に使うための情報を多数紹介していますので、ぜひチェックして見てください!

その中でも特に駆け出しライバーの皆さんに知っておいてもらいたいのが『足あと機能』です。

足あととは、簡単に言うと他のユーザーがいつ自分の配信やプロフィールを見にきたかがわかる機能です。

これによって自分の注目度をある程度予測することができます。

下記記事ではそんな足あと機能の使い方やメリットを紹介しているので、ぜひ合わせて参照して見てください!

【17LIVE】足あと機能について解説!

その他にも、下記では都合で17を辞めなくてはいけない皆さんのために、退会方法をまとめた記事を紹介しています。

たまに勘違いされている方がいるのが、アプリを消しただけで退会ができていると勘違いされてしまうケースです。

これだとまだアカウント自体は残ったままで、個人情報などが紐づいたまま放置されてしまうことになります。

そうならないためにも、しっかりと退会方法を頭に入れておきましょう。

17LIVEはアカウント削除できる!退会で後悔しないためには?

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました