お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

【Instagram】時代はチル・ナチュ盛り!「映え」はもう古い?

みなさん、こんにちは!

突然ですが、Instagramといえばどんなワードを思い浮かべますか?

ハッシュタグやストーリーなど色々あると思いますが…

「インスタ映え」をまず思いついたという方も多いですよね。

しかし、実は若者の間では「インスタ映えはもう古い」とされているんです!

2017年には「ユーキャン新語・流行語大賞」にも選ばれた「インスタ映え」ですが、

なぜ古いと言われるようになってしまったのでしょうか。

本記事では、「インスタ映えが古いと言われる理由」や「インスタ映えに代わる今のトレンド」について詳しく解説していきます!

ぜひ最後まで読んで、参考にしてくださいね!

目次

・インスタ映えとは
・インスタ映えはなぜ古い?
・今のトレンド「チル/ナチュ盛り」な投稿って?

 

インスタ映えとは

そもそも「インスタ映え」についてよく分かっていないという方も多いですよね。

「インスタ映え」は2017年からInstagram内でのハッシュタグとして多く使用されるようになったワードです。

単純にフォトジェニックを表したり、みんなから羨ましがられるようなスポット・グルメなどのキラキラした写真を指す場合もあるようです。

インスタ映えな写真を撮るために、高いスイーツや高級ホテルに泊まることを「インスタ消費」と呼ぶことも。

ナイトプールの流行もインスタ映えの影響と言われていますね。

このように、当時の若者は「インスタ映え」のための努力を惜しまなかったわけです。

この流れに目をつけて商品開発やサービスの提供をするお店も多く、

街にはカラフルな壁や装飾、インパクトのある見た目のスイーツなどが急増し、いずれも大行列ができるほどの人気になっていました。

「インスタ映え」として若者に認められることが、売り上げアップへの近道だったわけです。

インスタ映えは古いの?

インスタ映えが大流行し、2017年に「ユーキャン新語・流行語大賞」にまで選ばれたのは記憶に新しいですよね。

一方で、「流行したのってこんなに前だったっけ?」と思った方も多いのではないでしょうか。

流行が目まぐるしく変わっていく若者たちの間では、Instagramでのトレンドももちろん変化しています。

インスタ映えが若者たちに「古い」とされる理由を見ていきましょう。

・「非日常」への疲れ
・トレンドの移り変わり
・「インスタ映え」というワードへの嫌悪感

「非日常」ではなく自然な「日常」を

インスタ映えには「非日常感」というニュアンスもありますよね。

ドレスでのリムジンパーティーや高級ホテルでの女子会などは「日常」とはかけ離れています。

そんな投稿が「羨ましい」「リア充」としていいねを集めていたわけですが、

そんな“肩肘の張った”投稿に疲れてしまった若者も多いのです。

インスタ映えのために特別美味しくもないものを高い値段で買ったり、わざわざ遠出したり…ということをやめ、

自分らしい日常をシェアするという流れに変わってきているということですね。

トレンドは「チル・ナチュ盛り」へ

皆さんは「チル」という言葉をご存知ですか?

のんびりまったりとしている状態のことを指し、「チルする」「チルってる」というように使われます。

語源は英語の「chill」「chill out」で、「リラックスしている・落ち着いている」という意味があるんだとか。

例えば喫茶店でどこにでもあるようなメロンソーダを飲んだり、いつもの仲間とコンビニ酒を片手に語らったり…

等身大ながらも充実した日常を過ごすことが、本当のリア充と捉えられるようになっているわけです。

一方、フォトジェニックを意識しすぎたり、顔を加工しすぎている写真は時代遅れとされることも。

加工しすぎず、自分のままで可愛くという「ナチュ盛り」が今は主流となっています。

人気カメラアプリのsoda、Ulikeなどがナチュ盛りを売りにしていることからも、トレンドの変化がよく分かりますよね。

チルもナチュ盛りも、ありのままの自分という共通点で、「映え」に疲れた若者から支持されているようです。

「インスタ映え」への嫌悪感

「インスタ映え」という言葉がどんどん流行していく一方で、悪いイメージを持つ人も増えましたよね。

Instagramに投稿するためにタピオカを買い、飲み切らずに捨ててしまったり、

映えるからと大きいサイズのスイーツを頼んで残してしまったり。

そういった若者の行動がクローズアップされ、インスタ映えというワードが皮肉めいた意味合いで使われることも多くありました。

そんな中、若者もインスタ映えに対し抵抗感を持ち始めていったようですね。

お子さんや職場の後輩が写真を撮っていても、「インスタ映えってやつ?」などとからかうのはやめておいた方が良さそうです。

また、若い世代以外にインスタ映えの文化が広まっていったことも理由の一つです。

自分たちの親世代が「映え」を意識しているのを見て、気持ちが冷めてしまったり、もう古いと感じる人が増えたんだとか。

常に新しいものを追い求める若者にとって、みんなが使っているということはマイナスに働くこともあるようですね。

いずれにせよ、「今っぽさ」が失われてしまったことが大きな要因と言えそうです。

チルくてナチュ盛りな投稿とは

流行に乗った投稿でいいねを集めたい方や、若者にウケる商品やサービスを考えたいという方!

そんな皆さんのために、チルくてナチュ盛りな投稿について解説していきます。

「映え」は可愛くてカラフルなものが中心でしたが、「チル」は抽象的でなんだかわかりづらいですよね。

しかし、ポイントを抑えれば誰でもチル&ナチュ盛りな投稿を実現できちゃうんです。

気になるポイントがこちら。

・日常感
・暖かみ
・身近さ
・自然な盛り

一つずつ詳しく見ていきましょう!

垣間見える日常感

先ほどお伝えしたように、映えと違って、チルには日常感というものが欠かせないんです。

明らかに写真目当てで買ったであろう盛り盛りのスイーツではなく、いつも食べている近所のパン屋のドーナツ。

天使の羽が描いてあるカラフルな壁ではなく、いつも友達と集まる公園のブランコ。

おしゃれでお高いバーではなく、ちょっと狭くて汚いシーシャバーなんです。

こういった日常感を大切にすることが、チルの第一条件と言えますね。

飲食店にしても、ポップで可愛い内装のカフェよりも、昔ながらの喫茶店がウケているようですよ。

映えを意識した内装、メニューを売りにしているお店は要注意かもしれません。

暖かみを演出

また、写真の中に暖かみを入れ込むことも重要です。

先ほどの例でもそうですが、盛り盛りのスイーツよりも、パン屋のドーナツの方が暖かみがあると思いませんか?

映えに対する「羨ましい!」という気持ちとは違い、どこか懐かしかったり、素直に「なんかいいな」と思える写真こそがチルなんです。

木でできたテーブルで手作りのラテを飲んだり、家のベランダに椅子を置いて夜風に当たったり、

そういう日常って暖かくて、「なんかいい」ですよね!

皆さんの日常にも、そんな“チルいシーン”があるのではないでしょうか?

皆さんのチルい瞬間をぜひInstagramでシェアしてみましょう!

本当にこの瞬間が愛しいんだ!という気持ちを載せれば、きっと多くの共感を得られるはずです。

身近で真似したくなる投稿も人気

近年、自宅で作って楽しむ「おうちカフェ」が流行していますよね。

ダルゴナコーヒーやフルーツサンドはおうちカフェの代表格と言えます。

もちろんコロナウイルスの影響でおうち時間が増え、爆発的に広まったこともありますが、

「おしゃれだけど簡単に作れるものを自分で用意し、自室やお気に入りの場所で楽しむ」こともまたチルなのです。

また、自分の部屋のインテリアや小物などを紹介する投稿も増えています。

すぐに真似できるものもあるので、そういった投稿を参考にしているユーザーも多いのではないでしょうか?

日常を大切にしているからこそ、おうちカフェや可愛いインテリアでおうち時間を楽しむ動きが強まっているんですね。

いつもの日常にちょっとときめきを与えるようなアイディアを投稿できれば、若者の心にグッと刺さるかもしれません。

“ナチュラルで可愛い”を実現

少し前までは「SNOWで元の顔がわからなくなるほど盛る」のが主流でしたが、今の流行はナチュ盛り。

あくまで本人らしさを失わず、盛りすぎと思われない程度に可愛くなることが基本です。

その流れはカメラアプリにも現れており、今若者から支持されているsodaやUlikeは「ナチュ盛り」をテーマにしていますね。

猫耳などの明らかな加工よりは、普通に撮った写真のようだけど可愛くなれるというようなフィルターが人気となっています。

そこにチルを掛け合わせたおしゃれな投稿が、今の若者にとってはベストということですね!

まとめ

本記事では、インスタ映えは古いのか?そして今の流行であるチル・ナチュ盛りについて解説しました!

インスタ映えが古いと言われてしまっている理由や、トレンドがどう移り変わっているのかなど、わかっていただけたでしょうか?

本記事をまとめると、

・インスタ映えとは、フォトジェニックな写真や非日常感のあるキラキラした写真などを指す言葉!
・インスタ映えは2017年に流行したが、今は古いと言われている!
・映えへの疲れから、「チル・ナチュ盛り」を求める若者が増えている!
・日常感や暖かみ、身近さ、自然な可愛さで今流行りの投稿を!

本記事を参考に、皆さんもぜひ「映え」ではなく「チル」で「ナチュ盛り」な投稿をしてみてくださいね!

他のユーザーの投稿を真似して、日常にちょっとときめきをプラスするというのも楽しいかもしれません!

肩肘を張るのをやめて、ゆるっとまったりInstagramを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました