お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

新世代SNS!DISPOを使って人気の先取りをしよう!

DISPO tukaikata

今回は現在注目の新SNSプラットフォーム『 DISPO(ディスポ)』を紹介していきます!

最近ではカメラアプリや、写真加工アプリなどが注目を浴び、特徴的で面白いカメラの機能があるアプリが増えてきました。

そんな中『Disposable Camera(使い捨てカメラ)』にちなんで作られたDISPOは、アナログな雰囲気のカメラと、他のみんなとつながるSNSの両側面を兼ね備えた新感覚アプリです!

本記事では DISPOの概要をはじめ、使い方や他SNSとの違いを徹底解説していきます!

謎に包まれた新SNSのDISPO、気になりますよね!

DISPO(ディスポ)とは?

では DISPOとは具体的にどのようなアプリなのでしょうか?

先ほどもお話しした通り、 DISPOはDisposable Camera(使い捨てカメラ)をモチーフにしており、機能もそれに準じたものになっています。

写真を撮ることはもちろん、それを送ったり、プリントして渡したりとアナログな使い方も可能です。

では写真アプリや、写真SNSアプリは数多く存在する中、なぜ DISPOは流行ったのでしょうか?

「ロール」で写真を共有!

TwitterやInstagramを頻繁に使われている方は想像しやすいと思いますが、一般的なSNSは「フィード」と言う他のアカウントの投稿がタイムラインのように縦や横に羅列され、そこから投稿をみることができます。

しかし DISPOではこのフィードと言う機能がない代わりに、「ロール」と言うユーザーごとに共有用のフォルダーをつくつことができます。

作成者はここに写真を入れ、公開することで他のユーザーが閲覧できるようになります。

また投稿の公開範囲も選ぶことができます!

 DISPOで撮った写真のみが使用可能!

DISPOはカメラ機能のついたSNSアプリです。

そのためアプリ内で写真を撮影することができます。

そして特徴としては、 DISPOではアプリ内で撮影した写真のみが共有可能と言うことです!

そのため、端末に元から入っている写真のインポートはできないので注意しましょう。

また DISPOはそのアナログ感を売りにしているため、編集機能は無く、写真のトリミングがフィルター掛けなどはできません。

また写真へ文章を追加したり、ハッシュタグをつけることもできないのも覚えておきましょう!

しかし一度投稿した写真にはいいねやコメントを残すことは可能です。

このようにシンプルな写真の良さを共有できるのが DISPOの大きな特徴と言えるでしょう。

フィルムカメラのような写真が撮れる!

DISPOは編集・加工機能はないものの、カメラ機能そのものには少しフィルターがかかっています。

先ほども紹介した通り、 DISPOは使い捨てのフイルムカメラをモチーフにしているため、撮影した写真もどこか懐かしく、温かみのあるものになります。

今で言うとエモい、チルい雰囲気の写真を撮影することができます!

キラキラとした写真を撮ることは難しいですが、日常のワンシーンをドラマチックに撮影し、シェアできるのは今までにない価値ですね!

撮影した写真は翌朝までのお楽しみ!

DISPOでは撮影した写真はすぐに確認することはできません。

撮影した写真は翌朝9時以降に「ライブラリ」から確認することができます!

少し不便なように感じるかもしれませんが、そのアナログさをゆっくり楽しむのも乙なのではないでしょうか?

フイルムカメラの現像を待っているみたいで、ワクワクしますよね!

 DISPOの使い方!

では実際に DISPOを使ってみましょう!

…と言われても、何から手をつかたら良いかわかりませんよね。

ここからはそんな皆さんのために、 DISPOの導入から使うまでの流れを解説していきます!

DISPO導入編!

まずは DISPOの導入の仕方を見ていきましょう!

アプリをダウンロード

dispo app store

 

 

 

 

 

まず初めに、DISPOのアプリをダウンロードしましょう!

上記の画像からApp Storeに飛び、ダウンロードを実行します。

(注意点: DISPOの対応機種はIOSのみで、Androidにはまだ対応していません。)

ダウンロードが完了したらAppleID、SnapchatのID、電話番号のいずれかでログインを実行します。

 DISPOの使い方

カメラの使い方

ログインが完了したら、次はカメラの使い方です。

以下の画像がカメラ画面で、各番号に表のような機能が備わっています。

カメラ 説明

 

 

 

 

 

 

シャッターボタン:押すことで写真を撮影できます
ファインダー:カメラで捉えている風景が映し出されます
ズーム:左右にスライドすることで拡大・縮小できます
フラッシュ:撮影時のフラッシュ機能のオン・オフを切り替えられます
⑤ カメラ切り替え:カメラの内・外を切り替えられます

写真の共有方(ロール機能)

先ほども紹介した通り、Dispoではロールを使って、撮った写真の共有ができます!

それではロールの作り方とその共有の仕方を紹介します!

 

 

 

 

 

 

まずはカメラ画面の左下(画像の矢印)のフイルムボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると「ロール」画面に飛ぶので、右上の+ボタンを押します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この画面ではロールの名前を決めたり、共有する範囲を決めることができます。

 

 

 

 

 

 

ロールを作成後はそのロールを開き、右下をタップし、

 

 

 

 

プライバシー設定の欄を開き、

 

 

 

 

 

 

 

そこから公開設定を後から変更することができます!

DISPO まとめ

今回は新世代SNSである DISPOを紹介してきました!

DISPOはそのクラシックさとSNSという2つを融合した全く新しいアプリです。

また仕様も今までになかったような、新しいけどどこか懐かしさを感じるSNSです。

これまでのSNSに飽きた人や、写真を撮ったり見たりするのが好きな人は是非試してみてください!

またライブ配信ナビではカメラアプリに関する記事も多数紹介しています!

その中でも、 今回紹介した DISPOに興味がある方はInstagramも使っていると思います。

下記記事では、そんなInstagramのトレンドをわかりやすく紹介しています!

Instagramの流行についていきたい方は是非ご一読ください!

【2021年版】Instagramの最新トレンドを紹介!〇〇はもう古い?

 

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました