お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

ライブ配信のトーク力を向上させたい!マインドマップ作成がおすすめ

みなさん、こんにちは!

今回は、ライブ配信のトーク技術について解説します!

「ライブ配信をしたいけどトーク力に自信がない」「面白い話ができない・続かない」と悩んでいる人が多いようです。

トーク力に自信がないからといって、ライブ配信を諦めてしまうのはもったいないです。

ライブ配信におけるトークはもともと苦手な人でも、磨けばちゃんと上手になります!

トーク力向上に欠かせない「マインドマップ」についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事を参考にして、みなさんもトーク力の向上を目指しましょう!

 この記事を読むと、以下のことがわかります!
・ライブ配信におけるトーク力
・トークが上手いライバーの特徴
・マインドマップとは?
・マインドマップが向いている人
・マインドマップの作成方法
ぜひ最後までご覧ください!

ライブ配信でのトーク力

ライブ配信では、歌や楽器を披露する配信をしているライバーもいますが、基本的には「雑談配信」です。

何か特技を披露する配信だとしてもリスナーとコミュニケーションをとることは必須で、トーク力はライバーにとって最重要スキルとも言えます。

ライブ配信ではライバーがトークをリードし、それにリスナーがコメントやギフトで反応します。

ライバーのトーク力が高ければ多くのコメントやギフトが飛び交い、よりライブ配信が盛り上がります。

つまり、トーク力はイベント成績やライバーとしての収益にも大きく関わってくるということです。

トーク力が無いライバーの配信は沈黙が長くなり、リスナーも退屈してすぐに退出してしまうでしょう。

ですが、トーク力に自信がない人でも安心してください!

トーク力は決して生まれつきのものではなく、誰でも磨き上げることができるんです!

次の章では、トークが上手なライバーの特徴をまとめたので、まずは参考にしてください。

こちらの記事では、企画配信のやり方を解説しています。

配信企画って?鉄板の配信企画は?人気の企画や作り方を解説!

トークが上手いライバーの特徴

ファンの多いライバーの配信を見てみると、必ずといっていいほどトーク力が高いです。

リスナーのコメントを巧みに拾って話題を広げ、配信を盛り上げています。

そんなトーク上手なライバーたちの特徴をまとめると以下のようになります。

  • 5W1Hで話している
  • 具体例を入れる
  • 間を置く

それぞれ詳しく解説していきます!

5W1Hで話している

まずは、「5W1H」で話すという特徴があります。

5W1Hとは、

・いつ(When)
・どこで(Where)
・だれが(Who)
・何を(What)
・なぜ(Why)
・どのように(How)

のことです。これを意識して話すと、話に具体性が生まれます。

話し手が思っている以上に、具体的に話さないと聞き手は付いて来られません。

トークテーマを問わず、5W1Hを意識して話すことでリスナーも伝わりやすいトークになります。

ライバー自身も自身の話を整理しながらトークを進められるので便利ですよ。

具体例を入れる

人の話を聞いているとき、話が抽象的でよく分からないと感じたことはありませんか?

そんなとき、具体例を入れてくれると、すぐに理解できるようになりますよね。

例を入れることで、話のわかりやすさがグンと高くなります。

ライブ配信ではリスナーの顔が見えないため、相手が理解しているかどうか確認しづらいです。

そこで、話に具体例を入れることを意識することで、あなたのトークに興味が湧きます。

ただし、住んでいる場所や職場、学校などの個人情報をうっかり言わないように注意しましょう!

間を置く

よく、「トークは間が大事」と聞きますよね。

ライブ配信におけるトークでも、「間」を意識する必要があります。

間がないトークだと、話題がいつ切り替わったのかがわかりづらく、聞きづらくなります。

また、間を置かずにトークを続けていると、リスナーは置いていかれていると感じてしまいます。

話題が切り替わる時や、リスナーに呼びかけるときは、一呼吸置くように意識しましょう。

ただし、間が多すぎたり空けすぎたりするとトークのテンポが悪くなってしまうので要注意です!

次に、具体的にトークの構成を考えるために有用な「マインドマップ」について紹介します!

コツをつかめるまで頑張りましょう!

マインドマップとは?

マインドマップ

ライブ配信におけるトークの構成を考える際に、「マインドマップ」を作成する方法をおすすめします。

では、「マインドマップ」とはなんなのでしょうか?

マインドマップとは、自由な思考やアイデア、情報の流れを中心となる概念から分岐させる形で描写した図のことです。

これらを図でわかりやすく見える化することで、効果的にメモを作成できたり、プレゼンテーション力の向上にもつながります。

ライブ配信においても、このマインドマップが便利というわけです。

即興でトークテーマや構成を決める方法もありますが、トークに苦手意識がある人にとっては厳しいでしょう。

紙とペンだけあれば誰でも簡単にできる方法なので、まずは試してみましょう!

マインドマップが向いている人

では、どのような人にマインドマップが向いているのでしょうか?

基本的には誰にとっても有益な方法ですが、以下の人はぜひマインドマップの作成を試して欲しいです。

  • ライブ配信にチャレンジしたい
  • トークに苦手意識がある
  • 配信が盛り上がらない
  • 頭を整理したい

ライブ配信にチャレンジしたい

まず、これからライブ配信にチャレンジする初心者ライバーさんです。

自分はトークが得意だという自信があったとしても、ライブ配信はリスナーのコメントを拾ったりするので、普通の会話とは少し異なります。

楽器などの特技を披露する配信だったとしても、リスナーとのコミュニケーションは必須になります。

どんなジャンルでライブ配信にチャレンジするとしても、マインドマップを活用してトーク力向上を目指しましょう。

トークに苦手意識がある

トークに苦手意識がある人は多いですよね。

しかし、なぜ苦手なのか考えてみると、ただ話の組み立てが苦手なだけパターンが多いように感じます。

どんなにトークに慣れている人でも、その場で瞬時に話の構成を考えられる人はなかなかいません。

マインドマップを作成して、あらかじめトークの構成を考えておけば、苦手意識も克服できるでしょう。

配信が盛り上がらない

最近、配信が盛り上がらないと感じることはありませんか?

ライブ配信を長く続けていると配信内容が代わり映えせず、ネタ切れだと感じることもあるでしょう。

そんな時にも、マインドマップが使えます。

マインドマップは、ビジネスで新しいアイデアを出す時にもよく使われます。

ただ考えるだけでは思いつかなかったような新しいアイデアが、マインドマップ作成によって見つかるかもしれませんよ!

頭を整理したい

配信中に頭の整理が追いつかず、沈黙してしまった経験はありませんか?

そんな時、マインドマップで思考の整理をしておきましょう。

トークは、ただ話したい事柄を羅列しただけでは、聞く側にとってわかりづらい配信になります。

しっかりと頭を整理し、順序立てて話すために、マインドマップを活用しましょう!

いろいろな人が活用していますよ!

マインドマップの作成方法

ここからは、実際にマインドマップを作成する方法を解説していきます!

用意するのは紙とペンだけ!

初心者でもわかりやすく説明していくので、以下の手順を参考にしてください。

  1. 中心テーマを記入
  2. 中心テーマから連想した事柄を記入
  3. さらに連想した事柄を記入
  4. マップ全体を見渡す

①中心テーマを記入

紙はなるべく無地のものを用意し、横長に配置しましょう。

その真ん中に、中心となるテーマを書き込みます。

1から3単語程度記入し、あまり長くならないように注意しましょう。

この中心テーマから周辺に枝分かれして広がっていくので、大きめのスペースを確保しておきます。

イラストが好きな人であれば、中心テーマに合わせたイメージイラストを描くのもおすすめです。

②中心テーマから連想した事柄を記入

次に、中心に書き込んだテーマから外に向かって放射状に線を記入します。

この中心から伸ばした線のことを、「ブランチ(枝)」と呼ぶこともあります。

このブランチに沿って、中心テーマから連想した事柄を書き込んでいきます。

これを何度か繰り返していき、複数のブランチを作成していきます。

本数に制限はありませんが、一般的に5本前後が丁度いいとされています。

③さらに連想した事柄を書き込む

3つ目のステップでは、ステップ②で記入したブランチからさらに連想した事柄を記入していきましょう。

この段階でもやはり、短いワードで書き込んでいきます。キーワードとなる言葉を探して簡潔に記入しましょう。

ひとつのブランチから複数の枝分かれができても大丈夫です。

作成したブランチからさらに発展させられるところはどんどん記入してきます。

ここでのポイントは、思いつくままにどんどん記入していくことです。

順序や論理性は置いておいて、柔軟な発想を活かしましょう!

④マップ全体を見渡す

連想がある程度終了したら、マップ全体を見渡しましょう。

全体を俯瞰することで、さらに新しい発想が生まれたり、関連性を見つけられることもあります。

見直しをする中で、マップ全体の中でどんな事柄が大切なのかに気づくことができます。

全体を見ることで新たな発見もあるでしょう。

マインドマップ作成の手順は以上です!

今日からでもできるので、さっそく次回からのライブ配信に活かしてみましょう!

簡単なのですね!

ライブ配信のトークにはマインドマップがおすすめ!

今回は、ライブ配信でのトーク力をテーマに解説してきました。

ライブ配信では、トーク力が高ければ高いほど人気が高くなります。

そのため、人気ライバーを目指すならトーク力向上は必須です。

今回紹介した「マインドマップ」を活用して、トーク力向上を目指していきましょう。

特に以下のような人には、マインドマップがおすすめです!

  • ライブ配信にチャレンジしたい
  • トークに苦手意識がある
  • 配信が盛り上がらない
  • 頭を整理したい

作成方法も簡単なので、ぜひ試してみてください!

また、「トークに自信がない」「配信が盛り上がらない」と悩んでいる人には「ライバー事務所」に所属するというのもおすすめです。

ライブ配信に熟知したプロによるサポートを受けられるので、初心者でも安心です。

以下の記事では、おすすめのライバー事務所を紹介しています。

ライバー事務所おすすめランキング15選!悪質事務所の見分け方も解説

最後までご覧いただきありがとうございました!

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました