お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

様々なサービスを提供している【Jストリーム】について徹底解説!

みなさん、こんにちは。

この記事を読んでいるということは、「Jストリームって何?」「聞いたことあるけど詳しくはわからない」と考えているかと思います。

そこで今回は【Jストリーム】について詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

最後までぜひご覧ください。

Jストリームとは?

Jストリームとは、動画プラットフォームやライブ配信サービスなど、様々なサービスを提供しています。

代表的なJストリームの動画プラットフォームは「J-stream Equipmedia(Jストリームイクイップメディア)です。

Jストリームは1997年に世界初のストリーミング専業サービスプロバイアートして設立されました。

2020年では国内オンライン動画配信システム市場でシェアNo1を誇っています。

Jストリームは8つのサービスを提供している!

Jストリームが提供しているサービスは以下の8つです。

 

・動画配信プラットフォーム
・CDN
・ライブ配信
・動画の制作
・Web制作
・動画e-ラーニング
・コンテンツ保護
・動画広告

 

 

など様々なサービスを提供しています。

詳しくご紹介しると、動画のをマーケティングしたり、ウェブ講演会を開催したり、動画による教育や研修、コンテンツの収益化、ライブ配信の高速化などの課題に応えられるサービスを取り揃えています。

中でも動画配信の評価が非常に高いです。

 

Jストリームの3つの魅力!

Jストリームの魅力は3つあります。

 

①専門性
②総合力
③信頼性

 

以上の3つです。

ひとつひとつ詳しくご紹介します。

 

Jストリームの魅力①:専門性

まずは専門性についてです。

先ほどご紹介しましたが、Jストリームは国内オンライン動画配信システム市場でNo1です。

長年培ってきた経験や国内外のパートナーシップを活かして様々なニーズに応える専門性は簡単に真似できるものではありません。

 

Jストリームの魅力②:総合力

そしてJストリームでは、動画配信だけでなく企画から運用に至るまでの全てのサポートを行なっています。

全ての作業を1社だけでまかなえる総合力もJストリームの魅力のひとつです。

 

Jストリームの魅力③:信頼性

さらに、JストリームではCDNや配信サービスにおいて24時間365日の有人監視を行なっています。

豊富な経験を活かした柔軟なサポートも可能です。

個別のニーズや課題に対して最適な方法を提案が可能です。

年間800社、10,000案件をこなしているJストリームだからこそ依頼者は安心して自社のsアージスのサポートを任せられるのです。

Jストリームの特徴について!

Jストリームの特徴は4つあります。

 

①用途によって配信方法を選ぶことができる
②コスパがいい
③動画配信に慣れていなくても使いやすい
④しっかりしているサポート体制

 

ひとつひとつ詳しくご紹介いたします。

 

Jストリームの特徴①:用途によって配信方法を選ぶことができる

Jストリームイクイップメディアでは、3つの配信方法から好みのライブ配信を選択することができます。

・iPhoneやiPadを使った手軽なライブ配信
・ビデオカメラやスイッチャーを使った安定性と拡張性のあるライブ配信
・収録済み動画を使った擬似ライブ配信

以上の3つから好きな配信方法を選んでライブ配信を行えます。

1番手軽なライブ配信では、「EQライブキャスト」という専用アプリを使ってiPhoneやiPadで撮影した映像をそのままライブ配信をすることができます。

ビデオカメラやパソコンなどの用意がいらないため、費用も準備にかかる時間も短縮できる点が1番の魅力です。

また、画像やテロップを差し込むことができるため、車内勉強やセミナーなど幅広く利用することができる配信方法です。

安定性を求める方は、ビデオカメラやスイッチャー、ライブエンコーダーを使用することをおすすめします。

有線環境で行うため安定性が高いのです。

複数人が出演するライブやパソコンとカメラの映像を切り替えながら行うライブ配信にも対応が可能です。

さらに擬似ライブ配信をすることも可能です。

しかしこれはExpertエディションのみ対象です。

収録済みの動画を指定の時間に流すことで擬似ライブ配信をすることが可能になります。納得いく映像になるまでの撮り直しや社内での映像チェックなどの済ますことができます。

リアルタイムのライブ配信に比べて、少人数でも安定したライブ配信をすることができますよ。

用途や手軽さ、安全性から自分にあった配信方法を選択できるのは非常に便利ですよね。

 

Jストリームの特徴②:コスパがいい

Jストリームでは、小規模ライブであれば月額5万円から利用することができます。

Jストリームイクイップメディアには、

・Startup
・Business
・Expert

以上の3つの価格帯から選択することができます。

Startup Business Expert
月額費用 50,000円 100,000円 160,000円
ストレージ容量 500GB 2,000GB 3,000GB
月間流量上限 300GB 1,000GB 1,500GB
ライブ機能 同時50名/同時1ライブ 同時100名/同時1ライブ 同時2,000名/同時2ライブ
擬似ライブ配信機能 なし なし あり
動画視聴解析 あり あり(カスタム解析変数利用可能) あり(カスタム解析変数利用可能)
セキュリティ配信 再生ドメイン制限 再生ドメイン制限IPアクセス制限ID/PW認証ワンタイム機能 再生ドメイン制限IPアクセス制限ID/PW認証ワンタイム機能

StartupとBusinessなどの安価なプランではストレージ容量やライブの同時接続人数が少なくなってしまいますが、月額5万円でライブ配信が行えると考えると、高くはないかと思います。

また、自分が行うライブ配信の規模に応じて金額を調整できるのはメリットのひとつになるでしょう。

 

Jストリームの特徴③:動画配信に慣れていなくても使いやすい

Jストリームイクイップメディアは、動画配信に慣れていない方でも使いやすい管理画面になっています。

利用する方の配信スキルに左右されずに利用することができるような仕組みになっているため、動画配信に慣れていない方も、そもそもパソコンの設定に慣れていない方でも簡単に安心して操作できます。

Jストリームの操作方法は

①動画ファイルのアップロード

②管理画面で動画URL・タグ・QRを取得

③動画のサイトを掲載して配信

 

以上の3ステップで動画配信をすることができます。

さらに、管理の分担や権限の付与ができる「管理グループ機能」も搭載しており、複数部門ではいいsんの管理が可能です。管理ユーザー数は、プランによって異なり、自分の動画配信の規模によって選択しましょう。

先ほどご紹介した最上位プランのExpertであれば100ユーザーまで管理ユーザーを設定することができます。

 

Jストリームの特徴④:しっかりしているサポート体制

技術力はもちろんですが、豊富な実績と経験から生み出されたサポート体制がしっかりしている点もJストリームの特徴のひとつです。

Jストリームは企画段階から納品後のサポートまでを専任のチームが担当する体制になっています。

動画配信に関する様々な課題や疑問に、動画配信のプロが的確にアドバイスしてくれます。

有効な活用ができるようにバックアップしてくれる仕組みです。

 

Jストリームはどのようなサービスに活用できる?

先述した特徴から分かる通り、Jストリームは信頼性の高い動画配信サービスです。

では、どのようなサービスに活用できるのでしょうか?

続いてはJストリームを活用できるおすすめのサービスをご紹介いたします。

おすすめなサービスは以下の3つです。

 

①ライブ配信
②アクセスの集中が予想されるサービス
③コンテンツを収益化したいサービス

 

 

ひとつひとつ詳しくご紹介いたします。

 

Jストリームのおすすめサービス①:ライブ配信

まずおすすめするサービスは、ライブ配信を行うサービスです。

なぜライブ配信をおすすめするかというと、Jストリームはライブ配信に欠かせないネットワークの十分なキャパシティと専門的な知識、経験を有するスタッフがいるからです。

つまり失敗が許されないライブ配信におすすめです。

具体的には、講演会のライブ配信やイベントのライブ配信など不特定多数の方に向けた配信はもちろん、不特定多数の方に向けた配信にも行えます。

目的に合わせた環境を構築できる点もおすすめできる理由のひとつなのです。

ライブ配信を行うサービスを検討している方は、Jストリームを候補にしてみてください。

 

Jストリームのおすすめサービス②:アクセスの集中が予想されるサービス

一時的なアクセスの集中が予想されるサービスなどにもJストリームは適しています。

大容量かつ大規模配信で培った技術により、予想されるアクセスの集中から突発的なアクセスの集中まで対応できる配信環境を整えているからです。

Jストリームを利用すれば常に安定した配信を行えます。

つまりメディアの露出やSNSのキャンペーンなど、アクセスの集中が予め予想されるサービスなどにおすすめできます。

アクセスの集中に対応できるため、コンバージョン率の向上や顧客満足度の向上を見込めます。

 

Jストリームのおすすめサービス③:コンテンツを収益化したいサービス

Jストリームは動画による商品紹介などにも適しています。

ですのでコンテンツで収益化したいサービスにもおすすめです。

例えば、課金モデルや広告収入モデルと呼ばれる収益化モデルもそのひとつです。

既存コンテンツを収益に結びつけられるサービスを提供しようと考えている方はぜひJストリームを利用してみてください。

Jストリームは企業にもおすすめ!

Jストリームは企業にもおすすめできます。

続いてはおすすめできる企業をご紹介します。

 

①まずは品質を確認したい企業
②初めて動画配信をする企業
③ライブ配信で収益を得たい企業

 

 

ひとつひとつ詳しくご紹介いたします。

 

Jストリームのおすすめ企業①:まずは品質を確認したい企業

モノやサービスを初めて利用する際に、実際に使えるかどうかは一度使用してみなければ分からないことが多いかと思います。

Jストリームは、30日間の無料トライアルを提供しています。

それは提供するサービスに自信がある方でしょう。

また、Jストリームなら動画配信の先駆者ともいえる存在です。

市場シェアではトップクラス。

これまで培ってきたノウハウや技術力などを生かしたサポートを受けることができるでしょう。

そのため高い信用度があります。

30日間利用してみて、サービスを継続するか否かをじっくり考えることもできるため、もし使い勝手などで満足できなければトライアルを中止しても構いません。

満足できた上で動画配信システムを導入できるため、安心感もありますよね。

 

おすすめ企業②:初めて動画配信をする企業まずは品質を確認したい企業

Jストリームのサービスは使い勝手の良い管理画面なので、初めて動画配信をする企業には最適です。

動画配信によるビジネスは急激に広まってきています。

そのため、動画配信をしたいと考えても慣れていないと難しいと感じてしまい手を出せない企業も多いです。

Jストリームなら、

 

①動画のアップデート

②管理画面で動画のURLやタグ、QR取得

③動画サイトを掲載し配信する

 

以上の3つの手順を行えば動画配信をすることができます。

そのため動画配信が初めての方でも問題なく操作することができるかと思います。

 

Jストリームのおすすめ企業③:ライブ配信で収益を得たい企業

ライブ配信を行う上で即時に収益化したいと考えている企業もいるでしょう。

そんな企業向けに「Doneru(どねる)」というサービスをJストリームは展開しています。

Youtubeなどと連携するだけですので、非常に簡単にサービスを導入することが可能です。

また投げ銭リンクの還元率も高く、90%を超えです。

そのため収益アップを図る企業にとっては、導入を試みたいサービスのひとつでしょう。

 

Jストリームは事業導入されている!

Jストリームは様々な事業に導入されています。

続いては、導入事業の例をご紹介いたします。

①外国為替・外資保証金取引業
②CG・映像クリエイター向けの総合雑誌出版業
③化粧品・栄養補助食品の開発・製造・販売業
④テレビショッピングECサイト業

ひとつずつ詳しくご紹介いたします。

 

Jストリームの事業導入①:外国為替・外資保証金取引業

Jストリームを導入した企業の一つが、外国為替・外資保証金取引などを展開している会社です。

同社は、投資家へ情報提供する手段としてWebセミナーを活用していましたが、これまで利用してきたWebセミナー配信システムの問題点の強制的に広告が表示されて回避にコストがかかる問題を解決するために、JStream Equipmediaを導入しました。

サービスを導入した後は高画質のWebセミナーを広告なしで配信することができています。

これにより視聴中の離脱率が低下するとともに視聴者の満足度も高まっています。

 

Jストリームの事業導入②:CG・映像クリエイター向けの総合雑誌出版業

CG・映像クリエイター向けの総合雑誌を出版している会社もJストリームを導入しています。

新事業の一つとして、同ターゲット向けに日本語動画チュートリアル販売サイトをオープンしました。

JストリームはWebサイトの構築から動画の幅位・配信のシステムまで非東洋な機能を提供しています。株式会社ボーンデジタルがJストリームを採用する決め手となったのがシステム拡張の高さです。

単に動画販売サイトを構築するだけでなく、希望するサービスをうまく組み合わせることができる点と、今後のサービス拡張に対応できる点が評価されました。

日本語動画チュートリアル販売サイトは、ユーザーから「求められていたサービス」などの高い評価を獲得しています。

 

Jストリームの事業導入③:化粧品・栄養補助食品の開発・製造・販売業

化粧品・栄養補助食品の開発・販売などを行う事例もあります。

オンラインプロモーションの一環として、LINEを活用した試作を実施しました。

サービス開始から1年ほど経過したところで友達申請が大きく増加したらしいです。

この対策としてJストリームを導入し、安定した動画配信を手ごろな価格で導入でき現在の同社のオンラインショップはLINE友だち登録者数は1,500万人を超えても安定しています。

 

Jストリームの事業導入④:テレビショッピングECサイト業

テレビショップECサイトの運営を行っている会社もあります。販促施策の一つとしてJストリームを採用しECサイト内でテレビ内でテレビショッピング番組を動画として配信しています。

動画の視聴者に比べて動画視聴者数は2%以上商品購入率が高いなどの成果にも繋がっていますよ。

Jストリームの評判は?

動画配信の評判が非常に高いJストリームですが、実際にJストリームイクイップメディアを利用した企業からの口コミも評判がいいです。

いい評判と悪い評判をご紹介いたします。

 

Jストリームのいい評判

 

『月額数十万という安価で、同日同時間で2つのライブ配信ができるのが良い』

『大規模なライブ配信でも安定しており、音質や映像の質も高い』

『経験値の高いスタッフ、高品質な配信という安心感が得られるのは大きい』

『低予算でオンデマンド動画配信とライブ配信の両方を実現できて、さらにセキュリティ面も安心』

『スタジオを利用できるなどのトータルサポートも充実していて、こちらが動画配信に慣れていなくても失敗しない』

 

などがありました。

 

Jストリームの悪い評判

 

『擬似ライブ配信は、1日に1つの動画しか設定できない。複数動画や日をまたいだ設定も行えるようにしてほしい』

『追っかけ再生ができないのは残念』

 

比較的に評判の良い口コミが多かったです。

Jストリームについてまとめ

今回はJストリームについて詳しくご紹介いたしました。

動画配信を始めようと考えている方や、Jストリームを利用して企業の運営をしたい方などぜひ参考にしてください。

また、他にもライブ配信や配信に関することについてもっと詳しく知りたい方は、ライバー事務所に所属することをおすすめします。

おすすめのライバー事務所は、『公式ライバーになるのに、お勧めのライバー事務所はどこ?』こちらの記事を参考にしてみてください。

1番おすすめのライバー事務所は【ベガプロモーション】さんです。

現在所属ライバー数4,000名以上、トップライバーも多数所属しています。

ノルマもなく、のびのびとライバー活動をすることができます。

必要な機材も貸し出してくれますし、配信のノウハウや人気になるためのコツも教えてくれ、的確なアドバイスもしてくれますよ。

気になる方はベガプロモーションさんの公式サイトをご覧ください。

LINEからお問い合わせ・申し込みすることができます。

ベガプロモーションさんの公式LINEはこちら

下記のQRコードからも友だち追加することができますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました